男性機能の回復

男性機能の回復は仕事にも良い影響を与えてくれます。活力が湧き、今までとは違う積極 的な気持ちで仕事にも取り組めるでしょう。まさに生涯現役。

そうはいっても、「もう年だから……」という方がいるでしょう。また病気の合併症として EDになってしまった方も多いはずです。頼みの綱の薬が効かなかったり、服用が禁止され る場合もあります。だけど安心してください。高齢でも、治療中の病気をお持ちでも、バィ アグラやレビトラを試せない方でも機能回復が可能なのです。

たとえば、私の患者さんで糖尿病を患い一〇年以上も不能の状態の方が、治療で見事に回しました。その時に本人以上に喜んでいらしたのが奥さんで、「大変助かりました」という 電話をいただきました。

話を聞くと、ご主人はこれまで沢山の医者に診てもらい、薬を飲んだり、栄養指導を受け てきました。EDの相談もしましたが「これだけ血糖値が高いんだから、まず糖尿病を治す のが先決でしよう、糖尿病がよくなれば、EDもよくなるでしよう」と何時も言われ、すっ かりEDについては諦めていたといいます。

ところが、こうして機能が回復すると、いままでさぼりがちだった食事療法や運動を自ら 進んでやるようになったというのです。別人のように生活態度を変え、その後はなんと糖尿 病自体も良くなっていくのです。EDの治療が自己管理のきっかけとなり、健康を取り戻す ことまで可能にしたのです。「EDがよくなれば、糖尿病もよくなります」逆でしたね。

人間にとってセツクスとは単なる生殖行為ではありません。それは男性と女性しかいない この世界で、両者の関係を円滑に進めるための最高のコミニユヶーションなのです。夫婦関係はその最たるもので、子供をつくる目的だけでセツクスする夫婦はいないでしよう。会話 だけよりもさらに深い結びつきをセツクスは与えてくれるのです。

男性が男性たるパヮーを発揮するには、やはり男性自身が元気である事が要求されます。

男性機能が回復したことで、家族との接し方が変わり、家庭内の会話が増え、健康に注意す るよぅになります。元気だといぅことで、まだまだ仕事も頑張れるのです。

これだけの効果を考えれば、中高年の夫婦がED治療にやつてくるのは当たり前のことだ ということがわかります。恥ずかしいどころか、むしろ人生をより充実したものにしようと いう意識を持ち、前向きで魅力的なことなのです。ED治療に批判的だった方も、最近になって理解し始めました。

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です